ドッグフードリコールの件:続報

リコールについての続報記事を見つけましたので、リンクと共に。


------------------------------------
米ペットフード禍 中国ずさん管理 食品への影響懸念 =産経WEB

 【ワシントン=渡辺浩生】今年3月、米国内で販売された中国産の小麦粉を原料とするペットフードを食べたネコや犬が相次いで死ぬ騒ぎがあったが、今度はそのペットフードから有機化合物が検出され、鶏や豚の飼料にまで流用されていたことがわかり、食品への影響も懸念され始めた。このため、米食品医薬品局(FDA)は中国へ調査官を派遣した。

 問題となったのは、中国産の小麦グルテンや米タンパク質濃縮物を原料にカナダのメーカーが製造したペットフードで、食べたネコや犬が腎臓疾患で相次いで死亡。このため、メーカーが3月、6000万個に上る自主回収を発表した。

 その後のFDAの調査で、合成樹脂の材料となる有機化合物メラミンが大量に混入していたことがわかり、FDAは4月に入って、小麦グルテンなどの中国からの輸入を禁止した。しかし、動揺はペットの飼い主にとどまらなかった。

 ペットフードの一部はカリフォルニアやニューヨークなど7州の養豚場に飼料として運び込まれ、少なくとも約6000頭に食べさせていたことが4月下旬に判明。1日には、インディアナ州の養鶏場で同じペットフードを与えられていた約300万羽の鶏が食肉用として市場に出されていたことも分かった。

 メラミンが混入した飼料を食べた大量の豚や鶏が市場に出回っていたことについて、米国チキン協会のスポークスマン、リチャード・ロブ氏は、飼料の大部分は米国産のトウモロコシや大豆で「ごく少ないペットフードが使われただけで、われわれのチキンは安全だ」と米メディアに訴えた。

 また、米食肉大手のタイソン・フーズはスーパーマーケットに「中国から輸入したタンパク質原料は飼料に使っていない」との書簡を送った。今のところ豚や鶏のリコール(自主回収)の動きはないという。

 ただし、米国の食品供給の安全性自体に疑問が投げかけられているのは間違いなく、ロサ・デラウロ下院議員(民主)は「食品安全システムが崩壊している証左だ。担当の機関も眠っている」と政府を批判した。

 「ペットフードは使われた飼料のごく一部。人体への重大な脅威とは考えられない」とFDAのデービッド・アチェソン副局長も強調したが、メラミンの混入過程の解明のため、中国に調査官を派遣、現地調査に着手した。

 米紙ワシントン・ポストによると、メラミンはタンパク質の水準を高く見せかける効果があり、飼料価格を左右するタンパク質含有量を水増しするため、家禽の一大産地の山東省では、メラミンを混ぜた飼料が広く流通しているという。

 米議会では、問題食品の強制回収などFDAの監視権限を強化させる法案の準備に着手した。

(2007/05/05 01:25)

------------------------------------


ん~・・・
何が何やら

実被害を出してしまっているだけに、この騒動早く収まってほしいんですけど。
遠く離れている日本とはいえ、気もそぞろ。

他の食品に飛び火しないですよね?
というか、もう飛んでる?もしかして。。。
別件ですけど、偽塩やらスーダンレッドなんて話も耳にしますし。

危険な飼料で食肉(牛豚鶏)が危ない なんてことになったらどうなるんでしょう。
そもそも日本では、牛は一般に広く食べられてはいなかったと聞いているし。
世界が一変して「捕鯨反対」から鯨類解禁に向いたりなんてこと、ありやなし? 海を囲って鯨の生け簀を作り(誰が作るんだろ?)、今度は「牛食反対」運動が起こる なんてことがないとも限らない? で、再度遠路はるばる小笠原にまで来たりして、、、なんてことまで想像するのは行き過ぎか。
ただ、依然として捕鯨する日本叩きが現在進行形。彼の動画サイトでも。

小麦(うどん・パン)食べなさいだの、牛肉輸入解禁しなさいだのとかまびすしいですけど、今回のリコール騒動でそう言ってられなくなっているんじゃないの?とも思う訳ですけども。

あと、そういえば鮪もダメって誰か言ってたような。

なんだかなぁ

何が何やら
ん~・・・




記事をもうひとつ
------------------------------------
ペットフードに含まれるメラミンとシアヌル酸の化学反応(07/05/02) =犬 ニュース01(ゼロワン)

2007年5月1日
ペットフードリコール問題 メラミンとシアヌル酸の化学反応が原因か。

American Veterinary Medical Association(AVMA/米国獣医師会)は、リコールされたペットフードを食べた犬・猫の死亡に、ペットフード中に含まれるメラミンとシアヌル酸による化学反応が関係している可能性があること伝えた。

AVMA(米国獣医師会)は、原材料の一部からメラミンが検出され、リコール対象となったペットフードを食べた犬・猫の剖検から、メラミンとシアヌル酸の化学反応が関係している可能性があることを発表した。

今回の剖検でAVMA(米国獣医師会)は、小麦グルテン・ライスプロテイン濃縮物・コーングルテンなどからメラミンが検出されたのと同様に、死亡した動物の尿サンプルからシアヌル酸を検出。

メラミンとシアヌル酸の化学反応によって結晶が作られ、腎臓の機能を阻害された可能性があることを伝えた。

また、リコール対象のペットフードによる影響を受けていたとみられる動物たちの腎臓内にあった結晶を分析したところ、シアヌル酸70%とメラミン30%で構成された極度の不溶性物質であることが判明。

AVMA(米国獣医師会)が、猫の尿サンプルにシアヌル酸とメラミンを混ぜ、実験を行ったところほぼすぐに動物の腎臓内にあった結晶と同一の結晶が形成された。

この他、シアヌル酸以外にも"ammelide(アンメリド)"と"ammeline(アンメリン)"2種類のメラミンも、今回のリコールペットフードによる動物の死亡・病気の発病原因など、なんらかの関係性があると見られており、現在研究が進められている。

------------------------------------
[PR]
by backochan | 2007-05-05 04:24 | リコール | Comments(0)
<< 高速道路を乗り過ごしてしまった... 何故だ!? 海外でPockyが... >>