空の君 ( HOLGA / ILFORD XP2 SUPER )
写真 ゴールデン・レトリバー
a0033695_0571876.jpg

HOLGA 120S / ILFORD XP2 SUPER(セピア仕上げ) / 1999.9


More HOLGA...
[PR]
# by backochan | 2007-08-02 01:46 | 白黒ワンコ | Comments(0)
くまさん


a0033695_22262025.jpg

くまさん くまさん 、 大好き くまさん♪










a0033695_22275131.jpg

くまさ~~ん










あれ? くまさん、どこ?











ぐるりぃ~~~ん










a0033695_2312494.jpg

大好き、くまさん












[PR]
# by backochan | 2007-07-31 23:14 | ワンコ | Comments(2)
どうなる? 今年の富士登山
どうなる? 今年の富士登山

吉田口は、雪かきによって6/28までに通行可能となったようですけど、
富士宮口はどうなんでしょう?
富士宮口(の五合目)からが頂上まで一番短いルートなんですよね。

すでに7月も下旬ですから通行出来ないということはないと思いますが、
逆に言えばこんな年はそうそう無いですから、雪見登山としゃれこむことも出来た訳ですね。
でももうあらかた溶けてしまっているんでしょうねぇ。。。

な~んて残念がってみても今年も登れそうにないんですけども。


体力に自信のある方は、須走口がお勧めです。
八合目で吉田口と合流となりますが、そこまでは渋滞に巻き込まれることなく登れますし、
林間から登り始めるので爽快さを満喫できるんですね。
(登山日までに、下調べ・体慣らし・装備は万全で)



折をみて、五合目まで行ってみようかな。



a0033695_21233855.jpg

お中道にて 2003.9

沢まで行ければと河口湖口(吉田口)五合目から歩き出すものの、 暑い・・・
先の予定もあると自分に言い訳し、歩を止め
この付近で折り返し、来た道を戻る





ワンコと富士登山 一緒に富士登山した際の記録写真です
[PR]
# by backochan | 2007-07-21 21:32 | 足 腰 | Comments(3)
おさんぽライト

散歩は夜が中心です。
時々お店で見かけていた「お散歩ライト」、ピカッピカッと光って安全性が向上するだろうなと思い、
今回購入してみました。100均です。
これまではリードに付いてるもの等の反射板が頼り、無闇に目立つことは無いのですが他力的な感じが否めません。
そこへきて、ライトは自ら光って存在を示します。積極的です!(目立ってしまうんですけども)

a0033695_85367.jpg


さて、買ってはみたもののその後数日は首輪に付けるのを忘れておりました。

「そうだ、そうだ」
と思い出し、パッケージから取り出します。
で、スイッチオン。
ピカ、ピカ 光ります。なんと三通りの光り方がありました。
「ほほう!」

そしてその夜、使おうとしましたがもう光りません。
「ん?あれ?」
電池はボタン電池。大概、テスト用と注釈がパッケージに書かれていたりするので、電池切れかと考え、翌日に替えを購入。日本製電池、一個100円。電池付きのこのライトと同額です。

分解します。と言ってもネジ二本だけ。え~と、一本は既にネジ山が潰れています。
「なんでだ?」
ま、まあいいでしょう。続けましょう。
次は中を取り出します。
ぱかっと開いたら・・・
「えぇ~~ ハンダが浮いてる!」
全くもう。100円だからってこれはないでしょうよ。まともに使えないじゃないですか。

接触不良だったのかと思いつつ基盤の裏を見ますと、電池を止めている枠が抜けかかっています。
ちょっとぉ~
ペンチでググッと押さえ込めばなんとか使えるようになるだろうかと、工具箱からペンチを持ってきます。


a0033695_8535559.jpg

(↑の写真では、既にペンチで押さえ込んだ後の状態です)



a0033695_8533390.jpg

(↑の写真、同上)



a0033695_8534410.jpg

(↑の写真、同上)


やれやれ、です。
さぁてと、やりますか。

電池をまず抜き取ります。
「え゛」
「で、電池が爆発しちょる・・・・・・・・・・・・・」


a0033695_85453.jpg

二個の内、一個がこんな状態になっております。
いや、爆発とまではいかなかったのでしょうか、赤い筐体にはヒビなど何もありません。
このせいで電池を留める枠が押し上げられてハンダが浮いたんですねぇ。
しかし、この状態になったものなどこれまで見た事もありません。
正直、かなりビックリ。


a0033695_8541711.jpg



上下逆にしてもう一枚。刻印が左のものと同じだと判るかと思います。
LR41  JIU YANG  SUN KING POWER
因みにこのおさんぽライトは中国製です。 YANGというとこの電池も中国製でしょうか? 

こんなこともあるのかと思いつつ、ペンチで作業を終えて何とか点灯点滅するようになりました。



数日使用してみた結果は、、、
揺れるとやはり接触不良を起こしていつの間にやら消えていること多々あり。
ワンコの後方からでは、ライトが胸の長毛に隠れて消灯しているかどうか判らない(着けている効果あるのかなと疑問)。

そして、、、
外国(中国)での電池に起因か?との爆発事故の報を聞いて心配になりネットで検索。
あらま、です。
五月までに国内で中国製ボタン電池の爆発事故が起こっていたんですとな(怪我人は無し)。




このライト、使うのをやめました。。。
電池に原因があった為なのか回路(基盤)に問題があるのか判らない以上は使えませんよぉ~。
首輪に付けることですし。 想像するだに、、、こわい






これ、100均で初めて買ったオヤツ(そして最後)。2004年4月のこと。
a0033695_8544698.jpg

食べたら途端に下痢を起こし、反省。
a0033695_855069.jpg

これ、MADE IN CHINA です。

もう、そんなこんなでこのアルファベット綴りにかなり敏感。


おさんぽは反射板で行こう
[PR]
# by backochan | 2007-07-21 11:14 | ワンコ | Comments(2)
11歳を迎えました


今年6月、11歳になりました。

a0033695_2322296.jpg
KONICA MINOLTA αSweet DIGITAL

満11歳
ほと~んどアソビに連れて行ってくれなんだよ、なぁ~~ この一年さぁ~~






年々と一年の長さが短く感じられるこの頃ですが、この一年はより短かったように思います。
腰の怪我(これは私)や、家族の怪我、そしてワンコの手術。と、目まぐるしい一年でした。
とは言えそれ故、運動量は極端に少なかった訳ですけどもぉ・・・







さて
この11年を振り返って写真を見返しました。
「おお~、こんな小さかったんだよなぁ」
「でも、あっという間だったよなぁ、小さかったのってば」

ということで(どういうことだ?)、
この11年間の写真をかいつまんで載せてみようと思います。









a0033695_23224080.jpg
Minolta XD

2ヶ月
我が家にやって来て間もない頃
家族の知り合い宅にて誕生
曰く「一番元気なのを連れてきた」、それが君なのじゃ











a0033695_23233315.jpg
Minolta XD

4ヶ月
家の中からそろそろ戸外へ
慣らしましょう、という頃

この直後、治療の成果 はかばかしくなく停留睾丸で早々に手術と相成りました。
後方に見えるは犬小屋、手作りするも結局現在に至るまで家の中の犬、つまり用無し…









a0033695_23235565.jpg
Minolta XD

10ヶ月
随分と大きくなりました けれどもまだ1歳未満 あどけなさが残ります













a0033695_23241982.jpg
Minolta XD

1歳3ヶ月
この頃になると、もう成人いや成犬という感じです













a0033695_23244632.jpg
Minolta XD

2歳3ヶ月
この頃漸くやっと気心の知れた仲となれたような。
数ヶ月経ってそうかと思えば、いや一年、いや待て待て、二年位経ってみれば漸くそんな仲になったような、と。











a0033695_2325983.jpg
Minolta XD

2歳11ヶ月
殆ど近所ですけど、2歳あたりからあっちこっちと連れ出し始め、た頃

この年、1999年の辺りから写真が増えてきます
フィルムですんで、取り込みが面倒この上ありません・・・










a0033695_23253222.jpg
MINOLTA X-700New

3歳7ヶ月
ネットオークションで手に入れた望遠レンズで

いつもはちびりちびりと撮っていたのに、この時はパシャパシャ
一夕でフィルム一本使う、、、 ってば相当なケチダナァ










a0033695_2326387.jpg
FUJIFILM FinePix1400Z

4歳8ヶ月
一番脂の乗ったころでしょうか
この前後数年間は病気や怪我は殆ど無かったように思います
  (川に入ってカイカイ痒い、ってのは例年の恒例でしたけども)
いや、あれ?小さい腫瘍切除したのはいつだったっけか? 血管腫、良性でした

デジカメ手に入れました 130万画素機です
撮影ショットが格段に増えたにもかかわらず、もったいないので多くの”失敗”ショットすら消去せずに保存、です








a0033695_23265146.jpg
FUJIFILM FinePix1400Z

5歳3ヶ月
富士登山
深夜に富士宮口五合目に着き、周辺を散歩 明けて早朝に出発

いつか一緒にとそれまでの数年、熟す機を待ち、
あと数年で高齢の域に達することを踏まえ、この年に挑戦
詳細はこちら「富士登山」








a0033695_23274226.jpg
FUJIFILM FinePix1400Z

5歳11ヶ月(6歳)
依然としてこんな調子で川遊び です













a0033695_23283172.jpg
FUJIFILM FinePix1400Z

満6歳
うへぇ~~ 泥だらけぇ~
近くに川(水場)が無いとこうなります
体温低下の為にはやむを得ず・・・











a0033695_23293100.jpg
FUJIFILM FinePix1400Z

6歳11ヶ月(7歳)
いつもの川原での土手です
天候に構わず連れて行っていたお陰でしょうか
時折このような夕焼けが空いっぱいに











a0033695_23293657.jpg
FUJIFILM FinePix1400Z

満7歳
川に着くと、他に人がいないことを確認して放すのですが、
度々、こちらの存在を確認するとともに進行方向に間違いはないか、とちょっと行っては振り返ります












a0033695_23303786.jpg
FUJIFILM FinePix1400Z

満8歳
一休み中
既に川を二、三度横断 行ったり来たりの、のちの一休み
付かず離れずの距離を保たれてしまうので、こういう際にやっと近づくことが出来ます
呼べば来るんですが、いつものここでは散歩終了までそんなこんな です










a0033695_23301319.jpg
FUJIFILM FinePix1400Z

満8歳
脱兎のごとく ですなぁ
おいおい~ いつもより水かさ増してるよぉ~

何時だったか、一度ここで流されておりまする
対岸に泳ぎ着いてのち、こちらへ渡ろうと泳ぎだすものの、その場からなので更に下流へ行きそうになり候









a0033695_23313863.jpg
OLYMPUS CAMEDIA C-720 Ultra Zoom

満9歳
元気?ですねぇ
耳 立ってるよぉ

心臓の薬を飲み始める半年前です
元気だと感じていた最中、静かに静かに潜行中だったのでしょうか?
こういった遊び・生活が影響していたのかと考えると反省しないでもないんですが。。。
私としては悔いは無い?と思いたいのですけど、
ワンコ自身はどう思っているのか






a0033695_23323785.jpg
KONICA MINOLTA αSweet DIGITAL

9歳11ヶ月(10歳)
去年の6月 漸くの10歳 です

「あらそう、やっぱり。 顔、白いものねぇ」
これは、歳を聞かれて○歳と伝えると返ってくる、大方の応え
心の中で「(でもねウチのはずっと白いんです)」
かなり以前から白かったので、もう当たり前の白さ、かと思い込んでしましたが、
今回改めて見返してみて、小さい頃は白くはなかったんだなぁと。
 でも写真、、、小さい頃から 白め ですよね!??






a0033695_23331325.jpg
KONICA MINOLTA αSweet DIGITAL

満10歳
ん~~
どう見ても誰が見ても白い、白いですネ~

この半年後、三度目の手術に相成ります
この時既に・・・つつあったのかもしれません
セルトリ細胞腫の惧れも結果は間細胞腫でしたが、その後の様子見は続いています








そして


a0033695_23401753.jpg
KONICA MINOLTA αSweet DIGITAL

満11歳

ほよ!



ほよ! って そんなん言ってないで ねぇ







a0033695_111298.jpg
KONICA MINOLTA αSweet DIGITAL

ペコリ
今後ともよろしくお願い申し上げます









ままよ ままよ いいやいいや そのまま そのまま
ゴールデン・レトリバー シニア犬 11歳
[PR]
# by backochan | 2007-07-06 00:59 | ワンコ | Comments(6)
晴れた日、公園で


先日、街の運動公園に行ってきました
いつも沢山の人出、で遠のき気味だったんですが、今日はどうじゃろか?と。




a0033695_18211367.jpg

この中で走りたいな~
無理な話ですな~




a0033695_1821295.jpg

ボールないかいな?





a0033695_18214027.jpg

紫陽花?ですよね





a0033695_18215526.jpg

山吹? なんでしょう?
色は山吹って感じですけど




a0033695_18221792.jpg

う~ん こういった看板ってば やはりないといけないんでしょうかねぇ





a0033695_18223248.jpg

ここ涼しいなぁ と見上げたら





a0033695_18224618.jpg

池に入りたそうにしてましたが、ダメ~





a0033695_18225665.jpg

こっちも、ダメ~
小さい子供が入っているのを以前見かけている訳ですが・・・
ワンコはダメ~ あな哀し





写真には写っていませんが、平日とは言えそこそこの人出でした。
気になったのが、ウンチは持ち帰るとしても、オシッコ。
ちょびりちょびりが、時に長くて・・・
少々気が引けてしまいました。





いつもの所が一番いいね~
a0033695_1823560.jpg

オイラはどこでもいいぞぉ~
また連れてけよぉ~
ハハ~
それにしても暑いなぁ~
ハァ~ ハハ~
[PR]
# by backochan | 2007-06-15 18:58 | ワンコ | Comments(2)
フィラリア予防薬

今年もフィラリア予防シーズンに入りました。

ウチの場合、6月から12月の7ヶ月間が投薬期間です。
この1~2年は年を越す蚊を見かけたのですが、んじゃ、1月も飲ませた方がいいんでしょうかねぇ・・・



今年、カルドメックからパナメクチンに変わりました。
含有薬効成分は全く同じらしいのですが、
パナメクチンは国内製造で鶏を原料としているんだそうです。


a0033695_2153447.jpg

上:カルドメック チュアブル P272
下:パナメクチン チュアブル P272


a0033695_215412100.jpg

随分と大きさが違いますね。
このカルドメックは確かおよそ35Kg位まで、パナメクチンは45Kg位までの対応だったかと思います。
ウチのワンコは概ね35Kgですから、カルドメックではギリギリでちょいと不安でしたがパナメクチンではこれまた逆に余裕ありすぎ、です。


錠剤だった頃は、食パンに包んで食べさせて(飲ませて)おりまして、吐き出したりしていないだろうかとちょっと注意して見たりする、とそういう必要を感じていましたが、このチュアブルの場合殆どそういうことは無くなりましたねぇ。
食いつきが良いといいますか、そのまま ハイよ といった感じで。

が、
そのままでウンチに出てきた、なんていうこと最近になって聞きまして、ちょっとビックリ。
消化があまりよくないのでは?とか。
今までそんな風に考えたことも無かったので、ウンチをチェックしたこともありません。
今年のミクロフィラリア検査でも問題無しで既に投与し始めた訳ですが、一応幾つかに割って投与してみた次第。

因みに、喉詰まり等の誤嚥が起こっているケースもあるとか。体の小さいワンコほど殊に粒の大小には気を付けた方がいいのかもしれません。

動物医薬品 副作用情報データベース



以前はその年分を一度に購入していましたが、いやぁ高い高い(...お恥ずかしい) なもので、
心臓の薬を投与し始めた去年からは毎月の購入とすることに相成りました。
[PR]
# by backochan | 2007-06-14 22:47 | ワンコ | Comments(0)
クリームパンだよぉ

ジャ~ン     
a0033695_21121468.jpg






食べる~?     
a0033695_2113762.jpg






ホイッ     
a0033695_21133481.jpg







a0033695_21135634.jpg
噛みカミ・・・     
ピー ピーコ ピー やっぱ食べられんわい。。。     

食べられないパン、ありがとうございました



a0033695_21141985.jpg
まぁいっか     
ピーコ ピー ピー     
喜んでおくことにしよう     

本当にありがとうございました







お歳のせいでしょうか、興味を引く時間の短いこと。
このクリームパン、10分位だったかなぁ。

何かケイロの違った遊具があればと思うのですが、なかなか。
声の出る小さなぬいぐるみは壊れるまでもったのですが、すでに売り切れ。

またいつか見つけてくるから待っててよ。
[PR]
# by backochan | 2007-06-14 21:47 | ワンコ | Comments(0)
パイメクトロール

昨日のフロントラインの件に関連してそのパイメクトロールを。


パイメクトロ-ル (444g)


a0033695_854410.jpg


懐かしい、なんて思う方もいるのでは?
この倍くらいの容量のものもありましたよね。
まずはそれを購入して、これは予備としていました。


a0033695_861488.jpg


もう殆ど底をついた空状態です。
パイメクトロ-ル自体が無くなるなんて、知っていたら買いだめしてたかも。


a0033695_862834.jpg


この成分表値を目安に、代替品を探せればいいんですけど。

園芸・家庭菜園用に除虫菊製品があって、「安全・収穫に問題無し」なんて書いてあったりするんですよねぇ。
でもそれでも、ダニに直接塗るという方法としてもやはり無茶なこと?なんじゃないかな~、と。
いや、でもでも、殺虫剤よりもまだ危険性は少ないんじゃないか、と。

ん~ 先延ばし だなぁ
[PR]
# by backochan | 2007-06-04 08:31 | ワンコ | Comments(0)
ダニの季節になってきました

昨日の投稿で触れたフロントラインの件について、
もうちょっと順を追って書いておこうと思います。


一昨年かその前年だったかと思います。(既にここからして曖昧な書き方ですいません)
それ以前に購入していたフロントラインの残りがあったので、
期限が切れてしまったのかと気付きつつ、迷った挙句に結局滴下しました。

しばらくすると、液を垂らした範囲で
・赤く脹れたようになり
・表面は軽くジュクジュクっとしだし
・その範囲で皮膚が厚く固くなる
という変化を起こしました。

「しまった!期限切れはマズかったか」と反省しきり。


翌年、
この様なことがあったので使用に対して逡巡しましたが、
一回分のみ新しく処方してもらい、それを滴下いたしました。

が、
またしても赤く脹れ 云々・・・


これで、もうウチはフロントラインは使えないな、と。
これが契機となって、使用は向かない・使用できない なと相成った次第です。



----------
何故残っていたのか?残していたのか?ですが
あれほど付いてばかりだったダニが、殆ど付かない年があったんですね。
で、薬剤ですし使わないでいいならその方がいいですし、で、それで残っていたと。
そういう訳です。
----------


一般的に首から肩付近に垂らすと思いますが、ウチの場合首から尻尾の付け根まで70cm位になるので、首付近から腰の方までちょこちょこと口の届かない辺りをみて垂らしていたんですね。
垂らして液剤に濡れたであろうその範囲で赤くなったりという変化が起こった訳です。そこそこの広範囲です。
これは凹みました。自らの手で起こしたようなもんですから。
数日様子見したところ徐々に収束していく様子でしたので、獣医さんに診せに行くことなく済んだ次第なんですけども。
(で、その翌年の場合でも、殆ど全く同様の経過を辿ることと相成り)



と、こんな経緯。


今年早速噛み付いているダニを発見して、どうしたものか、と答えが出せないままです。。。

よく効いたんですけどもね、フロントライン。
当時は川によく入ったりしていたせいか、三週間程度でまたダニが結構たかっていたような、そういう記憶もあったりしますけども。


パイメクトロール
のようなものがあればいいのにな、と思う今日この数年です。
[PR]
# by backochan | 2007-06-03 04:13 | ワンコ | Comments(0)